中医学基礎勉強会

Chinese-medicine

健康で美しい人は
四季の暮らしを知っている


日本は四季がある美しい国。
春・夏・秋・冬、それぞれ鮮やかな風景や、旬の食べ物の恵みを私たちに与えてくれます。
人も自然の一部なので、四季の変化の影響を強く受けています。
季節を丁寧に暮らすこと、自然と人との調和こそが、健やかに暮らす秘訣であると先人達は教えてくれています。
     
旬の食材は、その時季カラダに必要な効能を持ち、食べるだけで四季に合った暮らしの食事(薬膳)ができるようになっています。
    
現代人は、効率のよい生活を手に入れたものの、自然と触れ合う機会は減少し、自然を尊びその恵に感謝する気持ちも希薄になり、さらに季節を無視した生活で体の不調のある方が増えているようです。
      
薄れつつある「四季を感じる暮らし」を生活の中に取り入れ、その素晴らしさを実感し、心身の健康をとりもどすこと、またそれを次世代に伝えていくためのイベント・勉強会です。

こんな方におすすめ

【和食:日本人の伝統的な食文化】
が、ユネスコ無形文化遺産に登録され、世界的にも日本のすばらしさが認められている現代です。
    
ですが、他を取り入れることに寛容な日本では、「生活」も「食」も情報が溢れているように感じます。

日本に住む私たちに最も合っている暮らし、食事をするために学びたい方、また、それを周囲に伝えたい方におすすめです。

中医学基礎勉強会詳細

INFORMATION

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

月1回開催の勉強会です

■前半|第1回~第6回
中医学の基礎を基本に則りお伝えします。
     
■後半|第7回~第12回
私が10数年勉強して習得した知識を総合的に分かりやすくお伝えします。
        
後半は、前半の基本が分かってこその内容になっています。
特に初心者の方は可能な限り、順次ご受講いただくことをお奨めいたします。
項目を追加

中医学を学ぶ理由

REASON
薬膳料理とは、中医学の基本理論にのっとって施膳する、食事療法を兼ね備えた料理方法のことです。
薬膳を学ぶということは、中医学理論を学ぶに等しく、この理論なくして薬膳はありえません。
    
つまり、薬膳を学ぶということは、中医学を学ぶということであり、
中医学を学ぶということは、中国哲学の基本理論を学ぶということなのです。
       
そんな中医学ですが、なんだか難しそう。というお声も多々あります。
そこで、中医学の基本から、私が10数年勉強して習得した知識を、総合的に分かりやすくお伝えします。


勉強会カリキュラム

SCHEDULE
項目
テキスト
第1回| 7月10日(火)
中医学の基礎、陰陽五行論を学ぶ
第2回 | 8月 7日(火)
中医学の内臓のとらえ方
五臓①/心・肝/臓腑の働き
第3回 | 9月11日(火)
中医学の内臓のとらえ方
五臓①/脾・肺/臓腑の働き
第4回 |10月 9日(火)
中医学の内臓のとらえ方
五臓①/腎/臓腑の働き
第5回 |11月13日(火)
気血水について

第6回 |12月11日(火)
 気虚・気滞・血虚・血瘀・津液不足
第7回 | 1月15日(火)
中医学の診断法とは?
第8回 | 2月12日(火)
心のまとめと臓腑弁証
第9回 | 3月12日(火)
 肝のまとめと臓腑弁証
第10回 | 4月16日(火)
脾のまとめと臓腑弁証
第11回 | 5月14日(火)
腎のまとめと臓腑弁証
第12回 | 6月11日(火)
腎のまとめと臓腑弁証
項目を追加

開催場所

ACCESS
芦屋市内

参加費


項目
テキスト
前期
2018年7月~12月
①一般の方|8,000円
②四季薬膳協会正会員|5,000円
③四季薬膳協会一般会員|6,800円
後期
2019年1月~6月
①一般の方|15,000円
②四季薬膳協会正会員|10,000円
③四季薬膳協会一般会員|12,000円
項目を追加

ご挨拶

日本四季大学学長
原田 栄利子

Harada Eriko
日本は四季がある美しい国です。
春・夏・秋・冬、それぞれ鮮やかな風景や、旬の食べ物などの恵みを私たちに与えてくれます。

季節の風物詩や祭り、行事、しきたりなども、私達に季節を意識させてくれる日本の大切な伝統文化です。
季節を丁寧に生きること、自然に寄り添う、自然の法則に従って生活することこそが、健やかに暮らす秘訣であると先人達は教えてくれています。

中国最古の医学書に「天人(てんじん)合一(ごういつ)」という言葉があります。
自然も人も成り立ちは一緒であるという意味です。
人間も自然の一部なので、四季の変化の影響を強く受けています。

便利になった今、効率のよい生活を手に入れたものの、自然と触れ合う機会は減少し、その恵みに対しての感謝も薄れ、さらに季節を無視した生活で体の不調のある方が増えているように思います。

薄れつつある日本の素晴らしさを次世代に伝えるために、四季をテーマに学ぶ場所にしたいと思い日本四季大学を立ち上げました。

まずは日本の食材を使った四季の薬膳を提案していきますが、いずれは、日本の四季の生活に関わること、伝統文化なども学べ体験できるようにしていきたいと考えています。

皆様のご指導、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。 


日本四季大学
その他のイベント・勉強会

おばんざい薬膳
イベント

春・夏・秋・冬
年4回のイベントです

日本の四季を学ぶ
勉強会

春・夏・秋・冬
年4回+1回のイベントです

五節句を味わう
イベント

季節の節句ごと
年5回のイベントです